クリーニング店の上手な利用法

トラブルを避けるための上手な宅配クリーニング店の利用方法

トラブルを避けるための上手な宅配クリーニング店の利用方法

 

トラブルを避けるたには

 

宅配クリーニングは、家から一歩も出なくてもクリーニングを
依頼できるため、残業などで忙しくクリーニング店の営業時間
には行けない方などに大変便利です。

 

また、育児のためなかなか家を空けられない、近くに
クリーニング店がないという方などにも利用できるのが最大の
特徴です。

 

衣替えの時などは大量のクリーニング品がでるため、車でも
ないとクリーニング店に運ぶのも大変になりますよね。

 

でも、宅配クリーニングの場合は自宅まで取りにきてもらえます
のでこれもメリットです。

 

こんな大きなメリットがある宅配クリーニングですが、ちょっと
困るところは依頼するときに対面式のクリーニング店のように
会話ができないことです。

 

対面式ですと「ここに付いているシミは落とせますか?」、
「このジャケットはどの分類に入り、価格はいくら?」などと
依頼前に確認ができます。

 

ですが、宅配クリーニングではこのような依頼前の確認が
できません。

 

宅配クリーニングを利用するとき、トラブルにならないように
依頼する前のチェック項目やでき上げってきたときのチェック
項目をまとめてみました。

クリーニングに出す前のチェック項目

 

・シミや汚れの確認

 

 衣類のどの部分が汚れていて、どこにシミがあるかを確認し
 メモをしておきます。

 

・ほころびやボタンの着き具合やファスナーの動き

 

 クリーニングに依頼したために発生したのか、依頼する前から
 あったものなのかをはっきりするために以下を確認します。

 

・ほころびや虫食いの穴の有無

 

・ボタンが取れそうになっていないか

 

  取れそうになっているものは、クリーニング中に取れてしまう
  可能性がありますので、付け直したほうが無難です。

 

・ファスナーは、動くか

 

  ファスナーが壊れていないか確認しておきます。

 

・ベルト、インナー、フードなどの確認

 

 衣類に付属している取り外し可能なベルト、インナー、フードなど
 は本体と込みの料金か別料金がかかるのかを確認します。

 

 クリーニング店によっても扱いが違うので、注意が必要です。

 

・料金を間違いやすい衣類の確認

 

 宅配クリーニングでは、衣類を見てもらって料金を確認できない
 ので、自分で料金表で試算した料金と違う料金になる場合が
 あります。

 

 自分はジャケットと思って試算し依頼したら、依頼先での検品
 ではハーフコートの料金が適用されたなどはよくあります。

 

 クリーニング店ごとに丈の長さや形状などで、料金が分かれて
 いる場合が多いのでどの分類に入るのか分からない場合は、
 自分で判断せず、問い合わせた方が料金トラブルになりません。

でき上がってきたときのチェック項目

 

・届いた時点で直ぐに出す前にチェックした項目について確認
 します。

 

・ドライクリーニングの場合はビニールを外し、石油のような
 溶剤の臭いが強く残っていないかを確認します。

 

・もし、納得できないところがあれば直ぐに連絡をとって事情
 を説明し対応してもらいましょう。

 

 何か異常があったときの対応期間は、1週間以内など比較的
 短く設定されていますので遅くならないように注意しましょう。

 

スポンサードリンク

関連ページ

宅配クリーニング依頼時に注意すべきこととは?
宅配クリーニング依頼時のトラブル事例を紹介し、依頼時に注意すべきことを調べてみました。
クリーニングのトラブル体験と対処法
クリーニングで経験したトラブルの紹介と上手な対処法についての情報をお伝えしています。

ホーム RSS購読 サイトマップ