宅配クリーニングの利用法

家庭ではできないドライクリーニング

家庭ではできないドライクリーニング

 

家庭用洗濯機でのドライコース

 

家庭用洗剤に「ドライマーク用洗剤」と称する洗剤が
販売されています。

 

この洗剤を用いるとクリーニング店でやってもらっている
“ドライクリーニング”と同じように洗えると勘違いして
いる方がいらっしゃいます。

 

PRの内容も、

 

「クリーニング店へドライクリーニングを依頼していた
「ドライマーク衣類」を家庭の洗濯機で簡単に洗えます!」

 

というような趣旨の説明です。

 

なので、「ドライクリーニングは、家庭でもできる」と
勘違いするのも無理のないことかもしれません。

 

 

ですが、家庭でドライマーク用洗剤で洗うことと、
クリーニング店でするドライクリーニングとは全く別物で
洗い方が全く異なります。

 

これらの洗い方がどのように違いがあるのかをご説明します。

家庭でのドライクリーニングとは

 

ドライマーク用洗剤は、弱アルカリ又は中性の洗剤で水を使って
洗います。

 

普通の洗濯に用いられている洗剤と違うところは、型崩れを
したり、縮んだりすることが、ある程度抑えられるように
成分を調整して作られたものです。

 

ドライマーク

ドライクリーニングができるということではなく、
“ドライマーク”が付いたものでも洗えるということです。

 

逆に言うと、“ドライマーク”が付いたものは、
ドライクリーニングでも洗えるという意味になります。

 

でも、

 

「家でセーターを洗ったら縮んだ!?」

 

ってことにもなりかねません。

 

ウールやレーヨンなどは、扱い方によっては型崩れや縮みが
起きますので、大事なものはクリーニング店に出すほうが
安全です。

 

ドライマーク用洗剤では洗えないものは、次のようなものです。

 

・皮製品の衣類、着物、ネクタイ、ジャケット、スーツ

 

・水で色落ちする衣類

 

 

一方、ドライクリーニングは水を使って洗うのではなく、溶剤
を使って洗います。

 

溶剤としては、石油系溶剤や塩素系溶剤を用います。

 

なので、油分の汚れを良く落とし、型崩れや縮み、色落ちの
心配がありません。

 

反面、水溶性の汗による汚れは落ちにくいという短所があります。

 

 

ドライマーク用洗剤を使って家庭で比較的簡単に洗えるものは、
費用の節約にもなりますし、どんどん利用してみるのもよいと
思います。

 

でも、失敗したら困るような衣類やドライマーク用洗剤で
洗えないものは、迷うことなくプロのクリーニング店に
出しましょう。

 

スポンサードリンク

関連ページ

ウールの衣類は自分で洗濯できるの?
ウールの衣類の洗濯絵表示をみると自分で洗えないことになっているのがほとんどです。 でもドライマークが洗える洗剤があるし、どっちが本当なのか分からなくなります。 ウールの衣類は自分で洗えるのかを調べてみました。
夏物衣類の上手なクリーニングとは
クリーニング・洗濯は、大切な衣類を清潔に長く着るために使用頻度に応じてやる必要があります。 自分で洗濯するにせよ、クリーニング店に依頼するにせよ、クリーニングに関する役立つ知識を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ